遊言STROLLER

とあるヲタの マイペース過ぎる しがない自由帳。SNS疲れな自分のためのTwitter代わりの居場所。「自分の語り場」が恋しくなって しれっと復活しちゃいました。

DEPAPEKO『PICK POP!』より pick up!

去年12月の後半から今年1月の前半にかけて、かつてブログ上部にあった【ちょっと ひとりごと】欄にて、DEPAPEKO(DEPAPEPE×押尾コータロー)の新アルバムについてシリーズで話題にしたので、その時の書き込みを改めて記事にしてまとめておきたいと思います。

 

◆こないだ半年以上ぶりにDEPAPEPEの最新情報をチェック。……まず「DEPAPEKO (デパペコ) って何?」と浦島太郎状態。よく読むとDEPAPEPE押尾コータローのコラボ名と分かったのですが、その2者の最新アルバムが9月頃に発売されてたらしく、またも「いつの間に!」と驚き。2者によるギター3本でJ-POPヒットをカバーしてると聞き「アコギ3本とかグチャグチャにならんか…」と思ったのですが、試聴したり収録曲のMVを視たりすると、これが良い感じのハーモニー! 流石はギターのプロです。笑 歴代のヒットソングサウンドと共に、耳馴染みのあるスチール弦サウンドに久々に癒された最新アルバム。もちろん早速購入しました。笑 個別の曲も幾つか順次ピックしていきたいと思います。(2018年12月23日)

 

DEPAPEKO『PICK POP!』よりpick up!】 1つ目はTrack No.2「恋」。原曲は星野源。「結構新しい曲まで!」と少し驚きました。かねてから曲調のJ-POP色が強かったDEPAPEPE(及び押尾コータロー)だけあり、彼らのインスト曲と普通のJ-POPとの親和性も極めて高いなと改めて実感。加えて元々、星野源の曲調は少し自分の好みに合ってた気もするので、曲の明るい雰囲気とテンポの良いリズム、そしてアコースティックギターの音色とが相まって、今やこのアルバムのお気に入りの一つになってます。(余談ですがこの流れで行くと、sumikaの「フィクション」もこの3人がカバーすると様になりそう、とも思います。)(2018年12月23日)

恋

  • provided courtesy of iTunes

 

DEPAPEKO『PICK POP!』よりpick up!】 2つ目はTrack No.3「Gee」。原曲は少女時代。オリジナルが流行ったのは2011年頃なので、少し懐かしい感じもします。原曲由来の軽快なリズム・メロディと共にアコギの音色の心地よさが相まって、ウキウキ感と耽美の両方に浸れて思わずクセになりそうな一曲です。ギター3本という原曲とはかなり違った演奏方法ながら、原曲の雰囲気も多めに残しつつギター楽曲流の独自性もしっかり加味されてバランスが取れており、上手くアレンジされているなと思います。(2018年12月28日)

Gee

Gee

  • provided courtesy of iTunes

 

DEPAPEKO『PICK POP!』よりpick up!】 3つ目はTrack No.5Dragon Night。原曲はSEKAI NO OWARI。数年前にTwitter上で「ドラゲナイ」のフレーズを流行らせたあの曲です。原曲の雰囲気もそのままに、軽快なリズムと共にギターの澄んだ綺麗な音色が聴く人をうっとりさせてくれる、癒し系のサウンドへと見事に変身させています。そしてDEPAPEPEを知る者からすれば、曲の雰囲気はどことなく「Harvest」と似通った感じも漂わせ、(押尾コータローも参加していますが)カバー曲ながらもDEPAPEPEらしい曲に仕上がっているなと思います。(2019年1月1日)

Dragon Night

Dragon Night

  • provided courtesy of iTunes

 

DEPAPEKO『PICK POP!』よりpick up!】 4つ目はTrack No.6TECHNOPOLIS。原曲はYMO。若人ながら元々この曲はYMOの中でも好きな曲だったので、「まさかYMOの曲がDEPAPEPE+αから聴けるとは!」と、まるで夢のようなコラボという感じです。原曲ではテクノサウンドで作られた、発表当時斬新だっただろうリズミカルなメロディはアレンジされてもなお健在で、そこにアコギサウンドの音色の美しさが加わって一層曲が引き立ちます。同じYMOの曲なら代表的な「RYDEEN」もまた、この3人がカバーしたらどんな感じになるのか、気になるのは自分だけではないかもしれません。(2019年1月11日)

TECHNOPOLIS

TECHNOPOLIS

  • provided courtesy of iTunes

 

DEPAPEKO『PICK POP!』よりpick up!】 5つ目はTrack No.12「For You」。これは彼らのオリジナル楽曲で、このアルバムの最後を飾る曲となっています。曲の雰囲気はというと、如何にも何かのエンディングテーマに似合いそうな雰囲気で、まさしくアルバムのクロージングを良い感じに決めてくれる一曲です。ちなみにDEPAPEPEといえば、去年1月にBSのドラマ主題曲にもなった「The next world」という新曲が既に存在しているそうですが、果たしてその新曲がリリースされるのはいつなのか、そして次のDEPAPEPE単独の新アルバムはいつ頃出てくるのかも、気になるところで待ち遠しいです。(2019年1月11日)

For You

For You

  • provided courtesy of iTunes

 

ではここまで。