遊言STROLLER

更新頻度少なめのマイペース派な興味関心記。最近は【ちょっと ひとりごと】欄に書き込むことが殆ど。

※記事本編は以下コーナーの下。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【ちょっと ひとりごと】

◆こないだの日曜は水間鉄道の車庫イベント「笑電祭」へ。今年が初開催だそうで。物販ブースが沢山出ていたり、(元)東急の車両が南海カラーにされて「特急|和歌山港」など水鉄が直通することの無い行先になっていたり、東急時代を彷彿とさせる見た目で「桜木町」の幕を出していたり。特に南海カラーのネタには笑った来場者も多かったはずです。普段入れない車庫内を歩き回ったりも出来て大満足。まさか今年もう1本 鉄道イベントに行けるとは思わなかった……(2018年12月6日)

f:id:dsusdrlwy1372:20181206005811j:plain

f:id:dsusdrlwy1372:20181206005947j:plain

 

◆最近VTuberの一人「電脳少女シロ」の開拓を始めてみました。きっかけは…見た目からですかね…笑 あと、この子の動画は5分前後のものが多く、中途半端なスキマ時間の暇を潰す絶好の切り札ともなりそうです。最近の動画はゲーム実況が多く、それがこの子の特色でもあるようですが、ゲーム実況自体あまり自分の好みではなく、ゲームの内容も自分の苦手な物が多いので、ゲーム実況以外のユルい動画を中心に観ていくことにしています。昨今ウェブ動画界を賑わせるVTuber。他にも「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」の開拓を再開したり、ゆくゆくは大御所「キズナアイ」も試してみたいものです。(2018年12月6日)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

アニメ「三ツ星カラーズ」観てみたけど……クセになる!

2018冬シーズンの新作アニメ放映開始が、一挙目白押しとなる1月上旬。

 

自分も、新しいアニメのレパートリーを増やしたいということで、そのうちの幾つかを観てみることにしました。

 

そのトップバッターとして選んだのが、今回のトピックとなる三ツ星カラーズ

mitsuboshi-anime.com

この作品も漫画が原作となるもので、自分も書店に足を運んだ時に何度か漫画版を見かけており、その絵柄の可愛らしさなどから「どんな作品だろう…」と少々気になっていたのですが、

 

最近、それがアニメ化されることを知り、しかも直近で第1話から放送が始まるとのことだったので、

 

「是非この機会に観てみよう!」

 

ということで、先日、地上波にて早速その放送を視聴してみました。

↑公式サイトで公開されているPV。

 

今回は、そのレビュー的な感じで、自分が感じた事や思った事を書いていきたいと思います。

 

なお、長文でダラダラと文章を書くのも面倒なので、箇条書き形式でまとめることとします。

 

  • 始まった時、「割と萌え要素の強い作品だな… 自分の今までの世界とは萌えの濃度が違う」と、最初は思った
  • しかし、観ているうちに「これは続けて観ればクセになるな!」とも感じた
  • クレヨンしんちゃんのように「子供でも楽しめる作風では?」という感じも
  • 一発目から小学生らしい下ネタが入っていたり、みんなやんちゃなハチャメチャっ子だったりする
  • 下ネタの中には「小学生時代の男心をくすぐらせてくれる感じ」を呼び覚まさせるようなものもある
  • 所々に入っているギャグ要素は、しょーもないけど頭のミネラル的に心をくすぐられる
  • 「大事件が起こりそうで起こらない雰囲気」という要素が加味された、結構ふわふわとした作風(端的に言えば、日常系)
  • 絵柄も登場人物のキャラも可愛らしい。いたずらっ子だけど無邪気で子供らしい所は愛嬌たっぷり(ある意味癒される)

 

最初に観た時は「この作風は自分に合うかな…」とも思ったのですが、ある程度続けて観れば結構楽しめそうな感じもしたので、しばらく続けて観てみることにします。

 

アニメの新規開拓と言えばこの作品だけに限らず、放送終了したものならアホガール、これから放送されるものならたくのみ。など、気になる作品はまだまだ結構沢山あるので、

18冬アニメ一挙開始シーズンも利用しつつ、これからどんどんレパートリーを増やしていきたいと思っています。

 

(´-`)。oO(そういえば三ツ星カラーズは東京・上野が舞台になってるけど、上野といえば……不忍池くらいしか行った記憶が無いんだよなあ……)

 

今回はここまで。