遊言STROLLER

とあるヲタの マイペース過ぎる しがない自由帳。趣味や日常でガッツリ語りたいことを書いていきます。

【鉄道部品】JR西日本 283系 側面種別幕(全体像)

f:id:dsusdrlwy1372:20220505053229j:image

日根野電車区(現在の吹田総合車両所日根野支所)に所属する「オーシャンアロー」でお馴染みの特急車両で使用されていた物です。

幕の製作年月は1996年5月。283系のデビューが96年7月末なので、オーシャンアローのデビューより前に作られた物と分かります。

この幕はこれまでネットオークションやフリマサイトでも見た事が無く、鉄道部品のお店でも(自分が知る限り)聞いた事が無かった上に、車両数も少ない事から、JR西日本の方向幕の中でも特に入手が難しい物の一つと思われます。

収録内容は記事中の写真が全てです。また、以降2〜5枚目の画像の順番に収録されています。

冒頭の画像のスーパーくろしおオーシャンアローオーシャンアロー」2コマは、幕の中程に入っています。
真ん中の「オーシャンアロー」は頻用されたため劣化により大破しており、テープでガチガチに補強されています(入手時からそうでした)。下の「オーシャンアロー」も頻用により劣化しており、写真では分かりませんが、文字の白い部分に幾つものヒビ割れが見られます。

f:id:dsusdrlwy1372:20220505053419j:image

最初の方に入っている「特急」〜「普通」の種別の中には「新快速」なんて物も含まれており、「オーシャンアローの新快速…??」と思わず首を捻りたくなってしまいます。

f:id:dsusdrlwy1372:20220505053546j:image

「回送」と「スーパーくろしおオーシャンアロー」の間には白幕が挟まっていますが、現行幕ではこの部分に水色の「くろしお(ロゴ)」が入れられています。

f:id:dsusdrlwy1372:20220505053700j:image

幕の中にはこの他にもスーパーくろしお「くろしお」、かつてのホームライナー系列車である「はんわライナー」やまとじライナー

f:id:dsusdrlwy1372:20220505053842j:image

過去の臨時列車である「春咲きくろしお」「マリンくろしお」といった、代走用と思われる幕が収録されています。

またスーパーやくも「やくも」まで入れられており、伯備線への転用や運用まで想定・準備されていた事が伺えます。

そして幕の最後には「空港くろしお」「空港オーシャンアローなどといった、見た事も聞いた事も無い列車が。このような極め付けの珍幕が見られるのも、この幕の魅力の一つと言えるでしょう。

なお「空港オーシャンアロー」から先は、幕の終わりまで12コマ程の長い白幕となっています。

ちなみにこの旧幕と現行幕とでは、字の間隔や英字の色・フォントなど、細かい違いが幾つも見られます。
現行幕の幕回しは、下記の方のツイートにて動画で紹介されていますので(「試運転」から「空港オーシャンアロー」まで)、この旧幕と見比べてみて、違いを見つけてみるのも面白いかもしれません。
mobile.twitter.com

また、当サイトの『【鉄道部品】JR西日本 283系 側面種別幕(抜粋)』では、個別のコマを幾つかピックアップして詳しくコメントしていますので、併せてお読みになると知識を深めて頂けるかもしれません。

yugestro.hatenablog.jp

【備考】2021年11月、大阪の部品販売会にて入手

 

(※この記事はかつてミューゼオで公開していた物を、再編集の上で再掲したものです。)

(※2022年6月、幕の製作時期に関する記述を一部修正。)

【鉄道部品】JR西日本 223系「新快速 (東西線) 」カット種別幕

f:id:dsusdrlwy1372:20220527133502j:image

網干総合車両所に所属する223系で使われていた幕からカットされた物となります。

かつては東西線直通の新快速を運行する構想があったものと思われますが(*1)、この幕の使用実績は結局無かった模様です。

近畿圏で路線記号入りの現行幕に交換されると共に、この「ピンク(東西線)の新快速」も路線記号が入れられることなく削除されてしまったらしく、網干の223系では現在この幕を見ることは出来ないようです。

ですが、521系快速マリンライナー用の223系では、現行幕でもこのピンク新快速を見ることが出来るそうです。

この2者の幕は、網干の223系の旧幕をベースに作られているようで、幕内には網干仕様の表示が多く残されているため、このようなことになったようです。

そのため両者の幕回しの際には、現在でもピンクの新快速を一瞬見ることが出来るというわけです(*2)。

本来使用予定だった近畿圏からは消滅しても、それ以外の地域である北陸や岡山などでは今も生き続けており、実車で見ることが出来るーー何だか不思議な感じもして興味深いですね。

f:id:dsusdrlwy1372:20220527133546j:image

裏側はこのような感じ。青のベタ塗りの上から黒を塗り重ねて「新快速」の字を形作っている、という印刷の仕方がよく分かります。

 

【備考】2021年2月、ネットオークションにて入手

*1:どのような運行区間を想定していたのでしょうか…

*2:YouTubeで「521系 幕回し」や「快速マリンライナー 幕回し」と検索すると、最近の幕回しの動画も出て来ます。

【鉄道部品】JR西日本 105系「和歌山↔和歌山市」カット方向幕

f:id:dsusdrlwy1372:20220517165306j:image

紀勢本線のうち、通称「紀和線」と呼ばれる区間で使われていた物です。

幕の特徴から、前面幕だった物のようです。

 

JR西日本の近畿圏の支線幕を入手するのは、意外にもこれが初めてでした。

近畿圏には他にも、和田岬線羽衣線などの支線が幾つかありますが、それらの方向幕は鉄道部品としてはかなり出回りにくかったり、そもそも「〇〇↔〇〇」という形式でなかったりと、こういった形の支線幕は、種類も流通量もそう多くはないようです。

そんな支線幕の一つをカット幕で……というのは、結構良い形で手に出来たと思います。

 

f:id:dsusdrlwy1372:20220517170020j:image

元の幕はこのように破れ補修のある物でしたが、それをカットして綺麗にラミネートした形となっています。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fe/JRW_series105_Kinokuni.jpg

Wikipedia『紀勢本線』より引用)

この幕の現役当時はこのような感じです。

105系の前面の幕窓の中に、同じ幕がはまっているのが分かります。

こうして見ると「和歌山↔和歌山市」の文字は随分小さく書かれているなと思います。

例えば和田岬線の幕だと、割と大きな文字で書かれているのですが、紀和線の幕がこのように小さい文字になったのは、やはり文字数が比較的多かったからでしょうか。

とはいえ、利用者にとって見えにくくなかったのかな…とも思います。

 

【備考】2022年4月、大阪の書店の催事にて入手