遊言STROLLER

更新頻度少なめのマイペース派な興味関心記。

※記事本編は以下コーナーの下。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【ちょっと ひとりごと】

「のじゃおじ」こと「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」、こないだ初めて見てみました。初期の2本しかまだ見てませんが、何だか素朴だなって。最近活動形態が変わったようですが、定番ゼリフが「世の中、世知辛いのじゃーーーー!」である所に親近感を覚えます。(2018年10月13日)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

とある日の近畿車輌構内

前回記事で書いた通り、また鉄道ネタやります。

 

先日所用で学研都市線片町線)に乗った際に、徳庵にある近畿車輛の工場内を車窓から眺める機会がありました。

 

そんなわけで、とある日の工場内をちょっと覗いてみましょう。

 

以下は3月下旬の吉日撮影。

 

徳庵駅を通過し、近車工場そばに差し掛かって、最初に目に入ってきたのは・・・

f:id:dsusdrlwy1372:20180323203221p:plain

 

f:id:dsusdrlwy1372:20180323203302p:plain

何と、東京メトロの13000系

 

東メト13000系といえば、日比谷線の最新鋭車両で、車内に高音質ステレオシステムを搭載しているハイスペック車両。

既にデビューしている日比谷線では、その高音質を活かした車内BGMの試行放送が始まっているそうです。

 

車両は関西で造られているんですね。

ただでさえ東京の車両が関西で見られるだけでも凄いのに、こんな特徴的な車両が見られるなんて、車両工場覗きならではの醍醐味です。

 

編成として繋がれておらず、先頭に保護シートもされていなかったため、甲種輸送はまだ先かなという感じでしたが、いずれ近い内に甲種も見られるでしょうね。

 

近車工場内では他にも、阪堺電車のモ171が保存されているという話を聞いていたのですが、肉眼では分からず。

 

車窓を撮影したものを後からよく見返してみると・・・

f:id:dsusdrlwy1372:20180323203519p:plain

先ほどの東メト13000の間に、ちらっと写っていました。

 

そりゃごく一瞬しか顔覗かせてないし、乗ってる電車は高速で通過してるしで、どおりで分からなかったはずだ…笑

 

その後も工場内には、しばらく東メト13000が留め置かれている光景が続きます。

f:id:dsusdrlwy1372:20180323203820p:plain

 

それからしばらくすると、次に見えてきたのは・・・

 

f:id:dsusdrlwy1372:20180323203937p:plain

この車両は何だ!?

 

最初パッと見た後しばらく、その第一印象から、JR東日本トランスイート四季島かな?とも思いましたが、

でも増結の話なんて聞いたことないし、よく見ると車両の造りや雰囲気も何となく違うし……

 

そもそも車両のフォルムや連結部、ドア等の造り自体が日本の車両とはどことなく異なっている気もするので、ひょっとしたら海外向きの車両かな?とも思ったりします。

 

空港内連絡鉄道とか、都市鉄道とか、あるいはアミューズメントパークの園内鉄道とか……??

 

本当の所は詳しく調べていないのでよく分かりませんが、日常では見られないような車両が見られることもある車両工場。

こんな「謎の車両」まで見られたのは、良い収穫だったと思います。笑

 

後は、その「謎の車両」の隣に見えたものは・・・

f:id:dsusdrlwy1372:20180323204106p:plain

またも東メト13000系。笑

 

そんな感じで、大半が東メト13000で占められ、他の車両もぽちぽち見られた、近畿車輛ウォッチングでした。

 

鉄道テーマの記事はひとまず今回まで。次回からまたいつもの感じに戻そうと思います。