遊言STROLLER

とあるヲタの マイペース過ぎる しがない自由帳。SNS疲れな自分のためのTwitter代わりの居場所。「自分の語り場」が恋しくなって しれっと復活しちゃいました。

2019冬アニメ、恒例の視聴作品レビューを。

冬アニメのシーズンが始まってから1ヶ月近くが経ち、各アニメも第3話くらいまで出揃ってきたので、ここでいつも通り自分の視聴タイトルとそれらのレビューを書いていきたいと思います。

今年は自身が最新アニメを追いかけ始めて丁度1年の節目。各作品はどんな感じなのでしょうか。

 

 

◆ 使りた

watatentv.com

この作品のポイントを挙げると、

天真爛漫な小学生達が大はしゃぎ!

そこに加えて、

ヘンタイお姉さんが大暴れ!

通称「わたてん」と呼ばれるこの作品は、とあるオタクな女子大生と複数の子供たちとのドタバタ劇を描いたコメディ(そしてたまーに良い話)で、無邪気な女の子達がキャッキャはしゃぐ様は可愛らしくて癒されます。

 

しかし、この作品にはパッと見では分からない(?)特徴があり、それは原作が百合漫画に分類されること。

つまり、自身にとっては恐らく初めての百合ジャンルのアニメということになります。

 

原作の方は一迅社刊の漫画誌百合姫』に連載されており、分類上はれっきとした百合作品ということになっています。

一方作品の中身はというと、さほど百合モノという感じはせず、女子大生(みやこ)が女子小学生(花)に惚れ込むなどの百合要素が点々と散りばめられている程度で、女性同士が色っぽく見つめあったりウッフンアッハンしたりといった、如何にもコッテリとした恋愛的要素は殆ど見られず、ごく普通の日常系ドタバタ作品といった印象の方が強いです。

なので日常系が好きなら、百合モノはちょっと…という方でも、取っ付きやすいのではないでしょうか。

 

お姉さん(みやこ)が時折ヘンタイキャラ全開で来るので、そこがちょっと気になる点ではありますが、去年冬期の『三ツ星カラーズ』に続き、今年冬期も可愛い小学生たちが活躍する作品に癒されそうです。

 

ちなみに自分の推しキャラは、みやこ の妹であるひなた。姉のことを「みゃー姉♪」と呼ぶところや、元気いっぱいなところが愛嬌たっぷりです。笑

 

 

◆ バーチャルさんはみている

virtualsan-looking.jp

シリアスな展開が出て来そうで出て来ない空気系オムニバス。

ショートストーリーの寄せ集め形式となっているこのアニメ、ストーリーはといえばそんな感じで、どちらかといえば物語よりも出演VTuberバーチャルYouTuber)達の活躍ぶりや動きの方を楽しむことに主眼が置かれている、といった感じでしょうか。

 

自分がこの作品を選んだのは、電脳少女シロなどお馴染みのVTuberが出てくることや、かねてからVTuberの世界に少し興味があったため、ありとあらゆるVTuberを一度に網羅出来ることからです。

そこに加えてストーリーが空気系となれば、ボーッとリラックスしながらでも気楽な気持ちで観られるので、自分にとっては有り難いです。

 

少々繰り返しにはなりますが、VTuberが多種多様化している今日この頃、色んなVTuberを見て開拓してみたいという方は、このアニメを観ればあらゆるVTuberをいっぺんに総なめ出来るため、VTuberの総合カタログ的に楽しめるアニメとしてオススメです。

 

私がこの作品から気になったVTuberといえば、月ノ美兎富士葵ときのそら鈴木ヒナ物述有栖……などなどといったところでしょうか。みんな可愛らしいです。笑

男性VTuberなら、バーチャルゴリラピーナッツくんふくやマスター……などといった感じです。

 

ちなみに、1~6話のOP曲は声だけの出演としてキズナアイが担当しているそうですが、私はここでキズナアイの声を初めて聞きました。笑

 

 

上記2つのタイトルの他にも、前期から継続視聴中の作品として、

おこしやす、ちとせちゃん

もあります(このアニメのレビューについてはこちらの記事を参照)。

2クール目のテーマ曲である『いつかどこかで』は、今期アニメ曲の中でもお気に入りの一つだったりします。

 

 

また、現在視聴中のタイトル以外にも伏兵(補欠候補)として、バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~』『臨死!! 江古田ちゃん』『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』などなども、上記視聴作品がイマイチだったときのために控えておいたのですが、レビューした上記3タイトルが十分良作そうだったので、これらを視聴タイトルに加えることはどうやら無さそうです。

 

 

冬期アニメの情報が発表された当初は、他のアニメファンが今期は豊作だと言っていた中で、自分は「観たいタイトルがあんま無い……今期は不作だなぁ」と思っていました。恐らく世間の関心と自分の好みが大きく異なっていたために、このように真逆の感想を抱くことになったのでしょう。

しかしいざ放送が始まってみると、自分の選んだタイトルに関しても「これは一発で当たりを引いたな!」と思いました。突然バズを起こして大ヒットするアニメの多くが例年冬アニメ由来とも言われるほどのこともあり、今期は確かに良作揃いなんだなと私もようやく実感しました。笑

 

冬アニメが始まって1ヶ月近く経ちますが、まだ何を観ようか迷っている方、これから視聴タイトルを更に増やしたいと思っている方には、これらのレビューが参考になるかもしれません。

 

 

ではまた。